藤市酒造 菊鷹 純米 無濾過生酒 菊花雪 28BY


愛知県 稲沢市の蔵元 藤市酒造さんの菊鷹になります。
その菊鷹の数あるラインナップの中の一つ、菊鷹 純米 無濾過生酒 菊花雪をピックアップしました。

実は既に随分飲んでしまって、ほとんど残っていません・・・。
飲みきる前にギリギリ写真を撮った感がありますが、まぁ撮れただけ良かったと思う事にします。

さて、このお酒を醸した杜氏さんは、大阪は天野酒の「山本スペシャル」で有名な山本克明杜氏です。
日本酒好きな方であれば、この情報だけでも既に期待してしまいますよね。

むしろ期待するなと言う方が無理です。

この菊鷹 菊花雪ですが、愛知県産の「若水」という酒米を使って速醸で醸されています。
・・・という事で、菊鷹 純米 若水と呼ばれる事も多いですね。

菊花雪と言う名前の通り、瓶底に積もったおりが、寒い冬にしんしんと降る雪を思わせる様です。
本当はおりが溜まった状態で写真を撮りたかったのですが、既に攪拌した後の写真しか無く申し訳ないです。

スポンサーリンク

菊鷹 純米 無濾過生酒 菊花雪を飲む

開栓すると元気のいい音が鳴りますね。
開けてから結構日が経つのですが、その間にダレたりしていない所は「流石」としか言いようが無いですね。

上立ち香の方ですが、開栓当初は爽やかな香りが強く、ラムネ香の中にほんの僅かにバニラの様な香りも混じってくるといった、複雑さを持った香りですね。

既に開栓から日が開いておりますので、フレッシュ感は無くなったものの、上品なフルーティ感を持った香りと爽やかなラムネ香に変化しています。
口に含むと、初めの頃はガス感によってピリッと感じる所がありましたが、今ではガス感も落ち着き、雑味も無く非常に飲みやすいお酒に進化しました。

おりの影響もあり、シルキーなコーティングをした様な柔らかさも加わり、全体を丸くした様な味わいが広がります。

最後はしっかりとした酸と苦味がキレを出してくれますので、食中酒としても良さそうで、
ちょっと濃い目の味付けの煮物とか、相性がいいのかなと。

とても純米酒レベルとは思えない完成度ではないでしょうか。
精米歩合も65%で、この味わいですから、凄いの一に尽きますね。

冷酒から徐々に温度が戻る時の変化も楽しく、飲み飽きる事も無くスイスイと飲んでしまいます。
価格も税込で3,000円程度と、純米酒の割りに少々値段が張りますが、飲めば納得、かなりコストパフォーマンスに優れるお酒だと思います。

いきなり一升瓶はという方は、ぜひ居酒屋で試しに飲んで貰えたらなという日本酒です。

菊鷹 純米 無濾過生酒 菊花雪の詳細と蔵元さんについて

原材料名 米(国産)・米こうじ(国産米)
使用米 愛知県若水100%
精米歩合 65%
アルコール分 16度
酵母 協会7号

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加