梅乃宿酒造 アンフィルタード・サケ 備前雄町 純米大吟醸 無濾過生原酒 28BY


奈良県にある梅乃宿酒造さんのアンフィルタード・サケと言えば、山田錦を使ったバージョンのアンフィルタード・サケが有名かと思いますが、こちらは備前雄町を使ったバージョンです。

酒米として備前雄町の人気が高く、他の蔵元さんの商品でも売り切れが早いですよねぇ。
特に有名銘柄等であれば、購入する事自体が困難になっています。

本題のお酒についてですが、アンフィルタードという名前からしても「無濾過」という事でわかりやすいですが、いくら何でもそのままストレートなネーミングで商品化するというセンスには脱帽です・・・。
それだけこの一本に対する自信が強くある現れなんでしょうね。

そんなアンフィルタード・サケですが山田錦はもちろん、今回購入しました備前雄町も評判自体は上々ですし期待しています。
(※購入した酒屋さんでは山田錦もありましたが、ここは自分の好みで備前雄町を選択しました。)

袋搾りで無濾過、生酒という事ですので、備前雄町の良さを最大限に引き出しているはずですし、これで期待するなと言われても、期待しないわけがありません。

精米歩合も50%と、純米大吟醸になりましたが価格は変更なしという素晴らしさ。
価格据え置きというのは、飲み手側からすると非常にありがたい事ですね。

このお酒は火入れがされていませんので、アンフィルタード・サケならではのフレッシュ感にも更に期待が膨らみます。
醪を酒袋に入れて丁寧に搾った生原酒という事もあり、非常に楽しみにしていました。

スポンサーリンク

アンフィルタード・サケ 備前雄町を冷酒で飲む

それでは開栓してみます。
開栓すると心地よい音と共に、上品な香りが漂います。
この封切した時の音は、何度聞いてもいいものですねー。
その後に漂ってくる香りを感じるのが、非常に楽しみでもあります。

まず香りですが、比較的爽やかな軽い香りと華やかなフルーティ感がバランス良く共存しています。
肝心の味わいを一言で言ってしまうと、想像以上(すみません)に美味しいですね。

含んだ時の香り、旨み、甘味とどれも秀逸ではないでしょうか。
雄町米ならではの旨味や柔らかさも十分に感じますし、少々の酸味と甘みなど、これらもおりがらみが上手く引き出していると思います。

香りで感じた爽やかさを持った部分ですが、飲み干した後のキレに繋がっているようで、後味も無駄に残らずスパッとキレてくれます。
アンフィルタードというネーミング通り、無濾過な上におりがらみ状態でもありますし、見た目からの期待を裏切らない日本酒だと感じました。

アンフィルタード・サケ 備前雄町の詳細と蔵元さんについて 

原料米 備前雄町
精米歩合 50%
ALC 17度
日本酒度 -4.7
酸度1.8

蔵 元 梅乃宿酒造
所在地 奈良県葛城市東室27

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加