若波酒造 若波 純米吟醸 壽限無 28BY

Pocket

福岡県にある若波酒造さんの若波になります。
若波酒造さんは、1922年に創業された老舗の酒蔵さんです。

若波酒造さんを牽引する立役者が、今村さんご姉弟です。
お姉さんの今村友香さんは製造責任者、弟の今村嘉一郎さんは専務として、福岡からハイレベルな日本酒を発信し続けておられます。

この若波酒造さんの名前を冠する「若波」。
ラベルには、丸に若と波の絵柄でわかりやすいですね。
一見レトロなラベルに感じますが、そこがまたいいんですよね。

こちらは限定流通という事で、流通ルートが限定されている様ですが、たまに行く酒屋さんで取り扱っている為、限定という事を意識した事はありません。
これは本当にありがたい事ですよね・・・。

また若波酒造さんの代表銘柄の一つ、蜻蛉も忘れてはいけない銘酒ですね。
こちらも季節事の限定の蜻蛉があります。

少し話が逸れてしまいましたが、この若波の商品名にもなっている壽限無と言う言葉ですが、これは使っている福岡県産の酒米に由来しています。

この壽限無という酒米は、山田錦と夢一献の交配により誕生した福岡県産の新品種の酒造好適米です。

蔵元さんが、地元産の酒米にこだわると言うのは良いですねー。
こういうこだわりは好きです。

蔵元さんのプライドを感じるこだわりは、それだけで好感度が上昇します。

若波 純米吟醸 壽限無を飲む

色は透明よりも、極々僅かにほんのり黄色い程度ですね。

それでは、冷酒で飲んでいきたいと思います。
香りは、爽やかさを感じる香りで、マスカット等のフレッシュなフルーツを思い浮かべる香りです。

含むと・・・穏やかな甘味と、先ほど感じた爽やかな香りが広がってきます。

まずは甘酸っぱい感じが広がり、まさにフルーツを感じさせるお酒です。
その後に、米の旨みが強く出てきます。
最後は酸味と渋味が来ますが、ちょっと渋め寄りでしょうか。

全体的にはスッキリした味わいになっており、常温近くになると更に甘酸っぱいフルーツ感が強まり飲み口が軽快になり、飲みやすさが増してきます。

ほんのりとしたアルコール感もありますが、バランスよく全体を整えていますので、個人的には普通に美味しいと感じたお酒です。
若波は自分の中でかなり好きな日本酒でもあり、継続して飲めるのは嬉しい事です。

若波酒造さんには、これからも美味しいお酒をドンドンと醸して頂きたく思います。

若波酒造 若波 純米吟醸 壽限無と蔵元さんについて

原材料名 米(国産) 米麹(国産米)

精米歩合 55%

アルコール分 16%

蔵 元 若波酒造合名会社
所在地 福岡県大川市鐘ヶ江752

スポンサーリンク

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加