写楽 純米吟醸 播州愛山 28BY

Pocket

さて今回は最近よく飲んでいる写楽の季節酒、純米吟醸 播州愛山をいただきました。

この播州愛山は生酒ではなく、一回火入れでのリリースですね。

昨年も購入しようと思っていたのですが、タイミングが合わずに買わないままとなっていました。
今年こそはと、気合いバッチリで探した甲斐もあり無事に四合瓶を購入する事が出来ました。

見た目の赤いラベルのインパクト!
これもまたこのお酒に惹かれてしまう理由の一つです。
この赤いラベルの色ですが、愛山=赤ラベルが定着しましたよね。

山田錦は黒ラベルが多かったりと、ラベルを見てパッとわかりやすいという、ありがたい次第です。

愛山って結構多くの蔵元さんが使われていますが、「美味い!」と思えるお酒が少なく感じています。

この写楽 純米吟醸 播州愛山について、蔵元である宮泉銘醸さんのwebサイトには、この様に書かれています。

品種・系統共に入手困難な希少種の兵庫県産の愛山で仕込んだ純米吟醸酒です。
落ち着いた立ち香に加え口の中に入れると愛山らしい果実のような含み香が特徴です。
含んだ後は、米の持つ上品な味わいと、日本酒の世界観が広がる旨みを感じる事ができる酒です。
冷やがお勧めで、どんな料理にもある食中酒です。

どんな料理にも合う食中酒と言われると、非常に気になります。
食中酒となると、甘みが強すぎてもダメですし、ここは期待をしています。

写楽 純米吟醸 播州愛山を飲む

色は無色透明で、なんて事はない色です(笑)

香りはと言うと・・・フルーティな香りがしますね。
メロンを思い出す様な香り。
熟す前のまだまだ若いメロンの香りです。

では、味の方を確認します。
含んだ瞬間の微発泡感もよく、香りで感じたフルーティさとジューシーな甘みがふんわり広がる感じです。

甘みが広がった後に、飲み込むとスッキリした味わいが出てきますが、その味わいもスーッと静かにキレていきます。

この甘みがベタベタとしつこくない所は、秀逸ではないでしょうか。

かなり美味しかったもので、私の割にハイペースで飲みきってしまいましたが、開栓直後が香り・味共にピークかなと感じました。
開栓後は日を追う事に香りは薄くなり、ジューシー感や旨みも下降していく様でした。

※ただアルコール感は反対に、当然丸くなっていきますので微妙な所ではありますが・・・。

開栓後からの変化がよくわかる造りでしたが、個人的には開栓直後から二日迄がピークだったかなと。
ピークが非常に短命ではありましたが、ピークの味わいは非常に美味しかったです。

写楽 純米吟醸 播州愛山と蔵元さんについて

蔵元 宮泉銘醸株式会社
所在 福島県会津若松市東栄町8-7

アルコール分 16度
原材料名 米(国産)、米麹(国産米)
原料米 兵庫県産 愛山100%
精米歩合 50%

スポンサーリンク

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加