新政酒造 純米生原酒 平成二十八年 立春搾り

Pocket

このお酒についてのレビュー

新政酒造さんが作られる珍しい季節商品の一つですね。
毎年、立春に併せて搾られるお酒です。

IMGP0587

新政酒造さん以外でも、立春搾りは多くありますが、私はいつも新政さんを選択してしまいます・・・。
立春搾りは、各酒屋さんが蔵元である新政酒造さんへ行き、ラベル貼り等をお手伝いし、さらには梱包までお手伝いし、最後は神社で御祓いを頂いてから、お酒を持ち帰って販売されるのですね。(流石に遠方の酒屋さんは、後日配送みたいです。)
この御祓いの意味は、このお酒に関わった全ての関係者の家内安全や無病息災、商売繁盛を祈願されているとの事です。

酒屋さんに聞く所によると、この立春搾りですが、日本名門酒会さんの考案でスタートした企画らしいです。
実際に蔵元まで行くという所が、何とも愛情を感じます!
だいたいの酒屋さんが予約を取られたりされていると思いますが、これもX’mas-Typeと同じく、途中で予定数に達してしまい早期完売になってます。

IMGP0588

2月という寒い時期にも関わらず、この日本酒を醸す為に、関係された皆様方には頭が下がる思いです。
そんな事を思い浮かべながら、頂くこの立春搾りは特別なものを感じます。

そして、何より新政酒造さん故に、期待値もあがりますね。

IMGP0586

さて・・・お楽しみの開栓です!
相変わらずいい開栓の音がします・・・そして香りはといいますと・・・めちゃくちゃフレッシュな香りがします。
これが搾りたてですよ!と言わんばかりの新鮮さで、思わず笑みがこぼれます。

味の方はといいますと・・・ちょっとアルコール感の感じる酸味がすごいですね!
そして爽やかな風味が鼻を抜けていく感じです。
こ、これは・・・美味しいです!

もう1本買って1年位寝かせたいです!
・・・でも、もう手遅れ(笑)
生原酒ならではの、フレッシュ感が満載で、スルスルと飲んじゃいます・・・。

1年後もまた、酉の立春搾りを頂く事が出来ますように・・・。

蔵元さん情報とお酒のスペックについて

蔵元 新政酒造 株式会社
所在 秋田県

原材料名 米(秋田県産)・米こうじ(秋田県産米)
アルコール分 15度
精米歩合 麹米40%・掛米60%
原材料 あきた酒こまち(酒米)100%使用

この日本酒の詳細情報や価格はこちらからどうぞ

スポンサーリンク

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加